純正品との違い

インクの動き

リサイクルトナーカートリッジは、プリンタインクの詰め替え品のことです。プリンタインクのリサイクルメーカーが使用済みのインクカートリッジを回収して、代わりのインクを充填したものです。言い換えると、プリンタインクのリサイクル品ということになります。 リサイクルトナーカートリッジは、純正品に比べて大幅に安い価格で販売されています。平均的な価格は、純正品の三割程度だといえるでしょう。さらには、純正品の一割程度の商品まであります。 リサイクルトナーカートリッジはインクを詰め替えるだけで再生できるため、製造コストがそれほどかからないという特長があります。そのため、純正品に比べて安い価格での販売が可能となっているのです。

以前は、リサイクルトナーカートリッジは純正品に比べると若干印刷品質に違いがみられる傾向がありました。詰め替えられるインクの成分は、厳密には純正品と異なっているため、その違いが印刷後の品質の違いにつながっていたのです。 しかし、現在ではリサイクルトナーカートリッジの品質は、純正品とほとんど変わらないようになってきています。リサイクルメーカーは純正品のインクの成分を詳しく分析して、純正品とほとんど変わらないインクの開発に成功したのです。そのため、現在では品質を気にせずリサイクルトナーカートリッジを利用することができます。 今後は、リサイクルやリユースの観点からも、リサイクルトナーカートリッジの需要は増していくはずです。